男性不妊の検査方法とは

男性不妊は近年クローズアップされています。妊活と聞くと何となく女性が原因という場合が結構ありますが、男性が原因で不妊になっているということは意外と多いことです。

そこで男性不妊について特集してみようとかと思います。そもそも男性の不妊検査の方法や、どこに行けば受けられるのか知っている人はいますか?

男性不妊の検査は基本的には産婦人科、不妊治療専門病院、泌尿器科などで受けることが可能になります。

おそらく夫婦で受ける場合が多いと思いますが、必ずしも女性が通院しているのと同じ病院で受ける必要ははないです。

検査方法は自宅で採取した精液を2〜3時間以内に病院に持ち込む方法や、男性が病院で採取するという方法があります。

男性不妊の原因が精子に異常がある症状なので、精液検査を行うだけなので、検査で男性に大きな負担はないです。

精液検査では、精液量、精子濃度、精子運動率、精子生存率、精子奇形率などについて調べるのが一般的です。

そして無精子症精子無力症欠精子症などがあるかどうかチェックすることになります。

精液検査の費用は、保険適用の場合で1000円前後、保険適用外で3000〜5000円くらいが普通なので、そこまで経済的な負担が多きわけではないです。是非しっかりと検査を受けましょう。安い費用の葬儀社ランキング