債務整理は弁護士と司法書士のどっちがいい?

債務整理を行う際に弁護士か司法書士のどちらがいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。債務整理は借金を減らしたり帳消しに出来る方法ですが、その際に、弁護士か司法書士のどっちに頼んだ方がいいのか悩んでいる人も少なくないです。

最終的には債務整理で減らせる金額や、債務整理の料金などによって選ぶことになるかもしれないですが、そこまで債務整理で大きな違いが出てくることはないので、まずは弁護士と司法書士の債務整理の違いについて知っておきましょう。

まず弁護士は債務者の代理人になることができ、裁判所に行って本人の代わりに代弁が可能なので、債務整理を全部任せることができますが、司法書士はあくまでも書類作成代理人なので自己破産や個人再生の申立書を作るまでになります。

そのため司法書士に依頼すると自分でも動く必要がります。

また弁護士は過払い金請求など、扱える金額に制限が無いのに対して、司法書士は140万円以下のものしか扱うことができないので、過払い金が多い場合には弁護士しか利用することができないです。

こうしたことから料金面では弁護士よりも司法書士の方が金額や安めですが、弁護士の方が出来ることが多く、手続きを任せることができるので、不安なら弁護士にすべて任せてしまった方がいいと思います。化粧品トライアルセットランキング